ヘアカラーが女性の薄毛の一因に

バナー

ヘアカラーが女性の薄毛の一因に

女性の薄毛。


昔からあるものとはいえ、昔あった女性の薄毛は、更年期以降の原現象という印象があります。


しかし近年、若い女性の間でも薄毛に悩む人が増えてきているというのです。



理由は、極端なダイエットや不規則な生活などによるホルモンバランスの崩れと言われますが、それ以外にも、髪への直接的なダメージが理由となっている場合があるというのです。


原因は、ヘアカラーやパーマです。
パーマは、中には経験のない人もいるでしょうが、ヘアカラーを経験したことのない成人女性は、あまりいないでしょう。

NAVERまとめに関するアドバイスです。

最近では会社内でも、ある程度色を落としているほうが女性は印象が良いということで、会社の顔となる受付嬢にも脱色やヘアカラーを勧めている会社もあります。


これらは、確かに見た目は美しくなります。
しかし、髪にとってみれば不自然な異物だという事も忘れずにいましょう。



ヘアカラーやパーマ液は、とても強い薬です。


使っていると、強烈な刺激臭がしますよね。
臭いだけでもあれだけ強いのですから、その成分自体はどれだけ強いのか想像に難くありません。

これら刺激の強い成分は、当然ですが、髪や頭皮にとって大きなストレスとなります。

毛根や頭皮を傷めてしまうこともあります。それが薄毛の原因となるのです。もちろん、それでも女性にとってみれば、美しい髪は維持したいものです。

必ずしもヘアカラーやパーマ液が薄毛を招くというものではありません。

ストレスはほどほどにしましょう、ということです。

一度ヘアカラーなどをしたら、次回は2ヶ月程度は間を置くのが理想です。



Copyright (C) 2014 ヘアカラーが女性の薄毛の一因に All Rights Reserved.