ハクビシン対策の3つの重要ポイントとは

subpage01

ハクビシンのような害獣の被害から身を守るには、家の内外にエサになるものを置かない、侵入させない、巣を作らせないことが重要なポイントになります。
ハクビシンは果実を好むため、敷地内に果実が実る樹木がある場合は電気柵で囲むと効果があります。
普通のフェンスでも良いのですが、ハクビシン対策には電気柵のほうが有効です。



果実が実ったら早めに収穫して、放置しないことも大切です。
ハクビシンは、数センチほどの隙間があれば通り抜けることができます。
そのため、家の周囲を見回って隙間がないか点検してみましょう。

隙間を発見したら目の細かい金網やパテを使って隙間を塞いでおきます。既に、家の中にハクビシンが侵入している場合は、忌避剤、害獣駆除剤などでハクビシン対策を行います。
ハクビシンは、光を怖がる習性があるので、ストロボタイプのライトを家の周囲に取り付ける方法もあります。ハクビシンは青色のライトを怖がるという研究結果も報告されています。

ですから、ライトを取り付ける時は青色のLEDライトを選ぶのも良い方法です。

赤外線センサーで水を噴射する機器もハクビシン対策に有効です。

敷地内にハクビシンが入ってきたら赤外線センサーが感知して水を発射するのでハクビシンが逃げていきます。

ガジェット通信ってとにかくお勧めなんです。

ハクビシンは、鳥獣保護法によりみだりに駆除してはいけないことになっています。
そのため、バネ式の捕獲ワナを使う時は、所在地の市町村役場に申請が必要になります。
ハクビシン対策は、侵入させないことが重要なポイントになります。



この点に注意して対策グッズを選びたいものです。