鼠駆除、殺鼠剤の仕掛け場所

subpage01

鼠駆除には殺鼠剤と粘着剤があります。



どちらも併用すると効果が上がりやすいですのでお薦めです。

殺鼠剤は鼠を見かけたり、被害を受けたりした場所などに複数仕掛ける事が効果的です。

T-SITEを調べるならこのサイトです。

ラットサインという物があります。


特にスーパーラットと呼ばれるイエネズミの物ですが、通った後に糞尿があったり、壁沿いに移動する習性から、壁に体の汚れや黒い線などが付いている場所は通り道ですので、そこに仕掛けるのも良いでしょう。

鼠の侵入口になりやすい場所は、屋祢下の通気口や電線導入部と壁の隙間、汚れて閉じない換気扇や配管と壁貫通部の隙間、戸袋の隙間、屋根ひさしの隙間、壁のひび割れ、穴、建物と基礎の隙間などです。

せっかく鼠駆除してもこれらの侵入口が開いたままだと、また侵入される可能性がありますので、それらには金属たわしを詰めたり、パテや金網などでふさいでおくのが良いでしょう。



鼠駆除をしたら、鼠の住みにくい環境を作ることが大切です。
生ごみは蓋つきのゴミ箱を使用し、食品は戸棚や冷蔵庫にしまい、出しっぱなしにしない、また、巣の材料になるような布や段ボールやティッシュ、紙類などは要らないものは処分しましょう。


侵入を防ぐ忌避剤も市販されていますので、駆除が住んだら、上記の侵入しやすい場所を塞いだ上にさらにおいておくとより効果的です。
忌避剤は殺鼠剤とは違い、鼠の嫌う香りやハーブなどを利用したものです。

ペットを飼っていらっしゃる方は配慮してあげるのが良いでしょう。